東京宅建業免許申請の東京・港区アリスト行政書士事務所|宅建業免許申請のことなら新規も更新も当オフィスにお任せください。

宅建免許を受けられない場合

宅建業許可を受けられない場合

宅建業免許を受ける際には、以下の欠格事由について確認します。
この欠格事由の1つでも該当する場合には、宅建業免許の申請をしても拒否されてしまいます。また、宅建業免許を受けた後も、欠格事由に該当することとなった場合には、免許は取り消し処分となります。

 

5年間免許を受けられない場合

 

宅建業免許申請・東京オフィス,東京・港区のアリスト行政書士事務所免許不正取得、情状が特に重い不正不当行為又は業務停止処分違反をして免許を取り消された場合

 

宅建業免許申請・東京オフィス,東京・港区のアリスト行政書士事務所免許不正取得、情状が特に重い不正不当行為又は業務停止処分違反をした疑いがあるとして聴聞の公示をされた後、廃業等の届出を行った場合

 

宅建業免許申請・東京オフィス,東京・港区のアリスト行政書士事務所禁固以上の刑又は宅地建物取引業法違反等により罰金の刑に処せられた場合

 

宅建業免許申請・東京オフィス,東京・港区のアリスト行政書士事務所免許の申請前5年以内に宅地建物取引業に関して不正又は著しく不当な行為をした場合

 

その他の場合

 

宅建業免許申請・東京オフィス,東京・港区のアリスト行政書士事務所成年被後見人、被保佐人又は破産手続きの開始決定を受けている場合

 

宅建業免許申請・東京オフィス,東京・港区のアリスト行政書士事務所宅地建物取引業に関して不正又は不誠実な行為をするおそれが明らかな場合

 

宅建業免許申請・東京オフィス,東京・港区のアリスト行政書士事務所事務所に専任の宅建取引士を設置していない場合

 

 

 

宅建業免許申請・東京オフィス,東京・港区のアリスト行政書士事務所

サービスのご提供エリア

港区、品川区、中央区、千代田区、渋谷区、新宿区、豊島区、北区、荒川区、 世田谷区、大田区、文京区、足立区、江東区、台東区、江戸川区、板橋区、 練馬区、墨田区、中野区、杉並区、目黒区、葛飾区、 三鷹市、武蔵野市 など

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ 新規知事免許 料金について 事務所概要 お問合せ